愛車のエンジンを守る→→エンジンオイルがその役割をします。精密で複雑なエンジンが高速と高熱にもかかわらず作動すには、エンジンオイルが大きな役割を担います。クルマのオイル、それは人間でいうと血液の様なものです。人間の血液にもいろんな型があるように、クルマのオイルも同様、様々な種類があります。エンジンにあったオイル選びも大切です。
是非、一度お越し下さい。
エンジンオイル

エンジン・オイルは、汚れたり量が減ったりするので、こまめなチェックが必要です。オイル・レベル・ゲージで、実際にチェックしてみましょう。
『オイル交換しないとどうなるの?』

エンジンオイル自体が酸化され下記の各部に影響を及ぼします。
@エンジンの摩耗が促進されてます。
(オイルポンプ・カム・ピストンの損傷→エンジンの劣化)
A汚れが溜り、各部分の正常な動きを妨げます。
(各部の詰まりからくる故障の要因)
B油圧不足になり正常にオイルが潤滑しにくくなります。
(焼き付きの原因)
Cオイルがヘドロ状になり、潤滑オイル量が減少します。
(オーバーヒートの原因)
Dターボ車はタービン故障の原因になってしまいます。
Eオイルがスムースに潤滑しないので、燃費が悪くなってしまいます。


オイル交換をしないという事は、車にとって良いことなど一つもありません。新品オイルは弱アルカリ性です。交換することにより、ゴム類各部のパッキンやシールなどに酸化による硬化を防ぎます。それによって上記の現象が早くならないようにします。 永く、良い状態で乗るためにもオイル交換をしましょう!!
ブレーキオイル

ブレーキ液は、使用していると空気中の水分を含んできます。水分を含んだブレーキ液はベーパーロック現象を起こす可能性が高くなります。このためブレーキ液は定期的に交換しましょう。
LLC(エンジン冷却水)

エンジンを冷却するLLC(ロングライフクーラント)には、腐食防止のさび止め剤や凍結を予防する不凍液などが入っていますが、これらは走行するうちに性能が低下するので定期的な交換が必要です。