エンジンオイルの交換の目安は、走行距離3,000〜5,000kmまたは3〜6ケ月ごとをお勧めします。
エンジン内部では、燃焼によって潤滑油などの劣化物が常に生成されています。エンジン油はこれらの生成物を分散し、内部を清浄にしていますが、次第に劣化していきます。性能が低下して劣化物を分散できなくなりますと、エンジン内部が汚れ、その劣化物によってピストンが摩耗したり、潤滑油の通路が目詰まりして潤滑油の供給不足による焼き付きが起こり、エンジントラブルを引き起こし、結果的にエンジンの寿命を短くすることとなります。

詳しくはこちら 三根自動車はBPオイルを使用しています。